骨盤調整を行うために産後のエクササイズを行うこと

愛する我が子を自然分娩で出産することによって、骨盤が妊娠前よりも開いてしまい尿漏れなどのトラブルを引き起こしてしまう可能性があるため、我が子を出産後すぐに骨盤矯正ベルトなどを装着し、骨盤調整を行うことが大切です。我が子を出産して間もない頃は体調が著しく悪い人が非常に多く、骨盤矯正ベルトを装着するだけで気分が悪くなってしまう人も存在しますが、産後半年ぐらいまでの時期が一番体型を妊娠前に戻しやすいため、医師や助産師の方に体調管理のことなどをしっかりと相談しながら装着する必要があります。産後の1ヶ月検診に特に問題がなければ、エクササイズを始めたり子供と一緒に外を自由に散歩することができるようになるため、骨盤調整に良いとされるエクササイズをしっかりと行うことができれば、しっかりと骨盤を矯正することができます。

産後は骨盤調整ガードルとエクササイズがおすすめ

産後は痩せやすい時期なので、体重を落としたい方にはある意味チャンスとも言えます。わたし自信も頑張りました。次男を妊娠したときに、元々49キロだった体重が60キロくらいまで増えてしまい、これはまずいと思っていて出産したらダイエットするぞと妊娠中から心に決めていました。産後にも無理なくできる骨盤矯正のエクササイズのDVDを買い、毎日無理のない範囲でコツコツがんばりました。またそれと並行して、骨盤調整できるガードルも購入して、開いた骨盤が戻りやすいように意識していました。そのおかげか、産後数か月で体重は40キロ台に戻り、骨盤も良い感じに戻っていきました。母乳育児だったので、そのせいで体重が落ちやすかったのかもしれませんが、毎日のエクササイズも体型に効果があったとおもいます。子供が寝ているわずかな間でもできるものがたくさんあるので、気になる方はぜひやってみてくださいね。

産後は骨盤調整エクササイズで骨盤の引き締めを

妊娠と出産を経ると、女性の体は大きく変化します。特に、出産後はスムーズに赤ちゃんを産むために骨盤が大きく開いた状態になっています。これは出産の為に欠かせない重要な変化ですが、開いた骨盤をそのままにしておくと、下半身が太りやすい体で定着してしまう恐れがあります。一度開いた骨盤もある程度は自然に元に戻っていきますが、体型維持の為には、骨盤調整のエクササイズを行う等のケアも不可欠となります。産後はどうしても体への負担が大きく、激しい運動等はできません。しかし骨盤調整の為のエクササイズなら、基本的に激しい運動は必要としません。骨盤部分を引き締めるのに必要な簡単な動きだけでできるので、育児の空いた時間等を使って手軽に行う事が可能です。産後半年程度まできちんと続けておけば妊娠前よりも引き締まった骨盤を手に入れることも不可能ではないので、少しずつ継続的に行うようにしましょう。