こんな時に鼻水吸引器を使いましょう

赤ちゃんが風邪をひいて鼻水がズルズル。小さい子は自分で鼻がかめないので、辛そうですよね。夜は息苦しいのでちょくちょく起きて機嫌が悪かったり、拭っても鼻水が出てくるので、鼻の下が荒れて触られるのを嫌がられることも。けれど鼻水をそのままにしておくと風邪が長引いたり、最悪の場合は中耳炎にもなると言われています。そんな時にまずしてあげたいのが鼻水の吸引です。鼻水をこまめに取り除いてあげることで赤ちゃんの呼吸をしやすくします。呼吸がしやすくなるとおっぱいやミルクをスムーズに飲むことが出来、よく眠れ、機嫌もよくなったりと良いことづくめです。けれど、赤ちゃんの鼻に直接口を付けて鼻水を吸うのは、ママやパパに風邪が移ってしまう可能性が高いのでおすすめ出来ません。そんな時には鼻水吸引器を使いましょう。

鼻水吸引器の使い方はとっても簡単!

鼻水吸引器とは、赤ちゃんの鼻水を手軽に吸引できるようになっている、お子さんが生まれたらまず買っておきたい便利グッズです。鼻に吸い取り口を挿入して鼻水を吸引するもので、大きく分けるとパパやママが管をとおして鼻水を吸い取るタイプと電動で吸引するタイプの2種類があります。簡単に分解できるパーツ構成になっているので、こまめに洗え、清潔に保つことができます。うまく鼻水を取るコツは、鼻に入れた吸い取り口を様々な方向に向けながら吸い取ること。鼻の中は複雑な構造をしているので、まっすぐに吸引口を入れただけでは吸い取れない場合があります。そのため、優しく吸引しながら、吸引口をグルッと円を描くように回してあげると、ズルズルっと吸引できるポイントが見つかります。優しく吸い取ってあげてくださいね。

こんなときに使おう、おすすめのタイミング!

ではどんなタイミングで鼻水吸引器を使えば良いでしょうか。まず、鼻水がズルズル出ているときです。鼻の下を拭いすぎると肌荒れの原因にもなるので吸引してあげましょう。また、おっぱいやミルク、食事の前が良いでしょう。鼻が通った状態で授乳すれば、多少は息苦しくなく飲むことができます。その後の寝つきにも関わってきますのでぜひやってみてくださいね。さらには、鼻水は見えないのだけれど息苦しそうで、痰がからんで辛そうに咳をしているとき。鼻水が出ている可能性があるので優しく吸引してみましょう。ズルズルっとかたまりに近い鼻水がとれるかもしれません。吸い取っている感触がない場合は別の原因があるかもしれないので吸引は中止してくださいね。まずは赤ちゃんが息苦しそうにしていたら、その都度こまめに取り除いてあげるのがおすすめです。