相場と機能で選びたい鼻水吸引器

風邪を引いてしまったり、花粉症の季節などに困るのが鼻水です。大人の場合は、上手に鼻をかむことが出来るので、鼻が詰まってきたり、不快に感じた時には鼻をかむことで解消することが出来ます。しかし、赤ちゃんや小さな子供の場合、上手に鼻をかむことが出来ないので、鼻が詰まったままになってしまったり、不快感で機嫌が悪くなってしまうなどのトラブルがあります。赤ちゃんや小さな子供の鼻水の対策として、鼻水吸引器があります。鼻にチューブを入れて、そこから鼻水を吸い出していくマシンです。耳鼻科などでも治療として行われる方法で、鼻がかめない赤ちゃんや子供には、簡単に鼻水のケアが行えるので、とても便利です。お手頃価格なものから本格的なものまで購入することが出来ます。

手動の鼻水吸引器のメリットとデメリット

初めての購入の人には、手動のタイプがおすすめです。手動タイプのメリットとしては、価格が非常に安いことがあります。種類や販売店にもよりますが、数千円から購入することが可能です。コンパクトなものが多く、持ち運びやすいというメリットもあります。また、枕元に置いておくことが出来るので、寝ているときに息苦しそうにしていたら、鼻水の吸引をしてあげることが出来るという手軽さがあります。しかし、安くてコンパクトですがパワーも弱いものが多いです。スポイトのような形状になっているので、自分で押したり離したりを繰り返して、鼻水の吸引を行っていきます。子供だけではなかなか使うことが出来ないので、大人が補助してあげる必要があります。吸引に時間がかかるのもデメリットです。

電動の鼻水吸引器のメリットとデメリット

電動タイプは、医療機関でも導入されているものがあります。電動タイプの吸引器の場合、パワーが非常に強いので、短時間ですっきりとした状態にすることが出来ます。スイッチ一つで、吸引が行えるので、ある程度大きくなった子供であれば自分で処置を行うことが出来ます。機能的には魅力的な電動タイプですが、手動タイプに比べると非常に高額になります。タイプによっても異なりますが、数万円の高価なものもあります。また、サイズが大きかったり重いというのもデメリットです。持ち運ぶことは非常に困難なので、自宅でのケアのみになります。電池を使うタイプとコンセントタイプがありますが、使用中に電力を使用するのでコストがかかるというのも、手動タイプとは違いデメリットとなるポイントです。